FC2ブログ

名馬ライフ~競馬情報~

名馬・国内レース・海外レースをネタにブログをやっていきます。
*★*ザルカヴァ*★*
今回はフランスの競走馬ザルカヴァを紹介します。

~経歴~


2007年(2歳)
9月にロンシャン競馬場でデビュー戦を勝ち、続くマルセルブサック賞も制して休養に入った。


2008年(3歳)
休養明け初戦となった3月のグロット賞(G3)を制し、デビュー以来からの連勝を3に伸ばして迎えたプール・デッセ・デ・プーリッシュ(仏1000ギニー)をレースレコード1.35.2で制して無敗でG1競走2勝目を挙げた。この勝利はアラン・ロワイエ=デュプレ厩舎とクリストフ・スミヨンにとっては前年のダルジナに続くプール・デッセ・デ・プーリッシュ2連覇達成となった。

続く6月8日のディアヌ賞(仏オークス)は、前走強い勝ちだったことから圧倒的な1番人気に支持され、大外から差し切り2着のギャニョア(Gagnoa)に3馬身の差を付けて勝利した。ヴェルメイユ賞でも圧倒的1番人気に支持され、スタートで出遅れ最後方からレースを進めることになったが、最後の直線残り300m大外の位置からスパートして一気に追い上げ、先に抜け出していたダーレミ(Dar Re Mi)を残り100mで捉えて、2馬身差で勝利し、無敗でフランス牝馬三冠を達成した。さらに芝状態は稍重だったにも関わらず勝利タイムの2分26秒0は2002年にパリーシェルズ(Pearly Shells)が記録したレースレコードタイだった。

10月にはフランス競馬の最高峰凱旋門賞に出走し、ユームザイン、デュークオブマーマレードら古馬を相手に2馬身差の圧勝劇を演じた。3歳牝馬としては1982年のアキイダ以来26年ぶり、牝馬としては1993年のアーバンシー以来15年ぶり、そしてサガミックス以来10年ぶりに無敗のまま凱旋門賞を制した。

10月13日に競走馬を引退し繁殖生活に入ることが発表された。初年度の配合馬はダラカニが予定されている。

同年秋に発表されたトップ50ワールドリーディングホースでは、GI3連勝でブリーダーズカップ・マイルを制したゴルディコヴァを押さえ、牝馬ではトップの127ポンドに評価された(全体では4位タイ)。


~競走成績~


出走日   競馬場    競走名  格  距離 着順  騎手   着差   
2007.09.09 ロンシャン カスカド賞 芝1600m 1着 C.スミヨン 2馬身
2007.10.07 ロンシャン マルセルブサック賞 G1 芝1600m 1着 C.スミヨン 2 1/2馬身)
2008.04.13 ロンシャン グロット賞 G3 芝1600m 1着 C.スミヨン 2 1/2馬身
2008.05.11 ロンシャン プールデッセデプーリッシュ G1 芝1600m 1着 C.スミヨン 2馬身
2008.06.08 シャンティ ディアヌ賞 G1 芝2100m 1着 C.スミヨン 3馬身
2008.09.14 ロンシャン ヴェルメイユ賞 G1 芝2400m 1着 C.スミヨン 2馬身
2008.10.05 ロンシャン 凱旋門賞 G1 芝2400m 1着 C.スミヨン 2馬身 )
スポンサーサイト